奈良

奈良県の避暑地は秘境にあった!天川村の面不動鍾乳洞へ行こう!

こんにちは!えみりです。

8月が終わって9月になりましたが、相変わらず!暑い!!!

家の一室ではエアコンも27度に設定して涼しい~♬

わけなんですが!

賃貸アパートのため、その部屋以外に扇風機以外の冷房器具はございません(-_-;)

しかも木造建築の最上階!

同じ環境下の方になら分かってもらえると思うんですが、熱がこもって暑い ι(´Д`υ)

キッチンは灼熱!天井は触ると有り得ない温度!

どこも暑いけど、盆地は輪にかけて毎日暑いのよ!(奈良盆地在住)

そこで思い立った!(=゚ω゚)b(汗かきの彼が)

 

 

「そうだ、鍾乳洞に行こう(*’ω’*)b」

関西最大級の大きさ!面不動鍾乳洞へ!

今回は天川村にある、面不動鍾乳洞へ行きました。

奈良市から行くとだいたい2時間ぐらいです。

奈良県の南部は秘境と呼ばれているのですが、天川村はもう!まさに!その秘境にあります。

秘境ですが面不動鍾乳洞までの道はある程度、舗装されていて道幅も狭くないので車でも行きやすいです。(奈良方面から行った場合)

これより南に行くと崖やん!みたいな山道もありますが(笑)

ここまでくらいなら問題ありません。

冷え冷え~♪な鍾乳洞への道のり

天川村に着いたら、とりあえず歩く!歩く!歩く!!!

正直、鍾乳洞まではちょっと遠いです(;´∀`)

まず最初の難関は坂でございます・・・

 

坂を上がり始めてすぐのところに洞川八幡宮のご本殿が見えてきます!

ぜひ手を合わせてから鍾乳洞に向かいましょう(*’ω’*)

その後は階段で鍾乳洞を目指すか、モノレールで目指すかが選べます。

わたしは下り坂とか、下が見えてるところを下るのが苦手でして(-_-;)

でもまぁ、上がるのは行けるか~。運動不足だしな~。と思ったので階段で上を目指すことにしました。

ちなみに歩いて8分かかります。という看板がありましたが、体感時間は20分ぐらいでした。(それぐらいキッツイ階段だった・・・)

階段さえ上がってしまえばこっちのモンです!

登り切ったらすぐのところに展望台と鍾乳洞に入るための受付があります。

そこで入場料金をおばちゃんに支払ってチケットをもらいます。

 料金表
大人(中学生以上) 400円
子供(4歳以上) 200円
3歳以下 無料

チケットはこんな感じ↓

いざ!涼を求めて鍾乳洞の中へ!

細い階段を上がったら入り口が見えてきます。(入り口といっても出口も同じところである)

入ったらすでにちょっと涼しいです(*’ω’*)

そして、めっっっっっちゃ急な階段!しかも下り!!!

さっきも書いたが、下り階段が苦手でございます。えみりさん。

スタスタ下っている彼に掴まろうとしたら言われました。

「俺が滑ったら一緒に落ちることになるよ~(=゚ω゚)」

スッと掴んでいた手を離しました(笑)

そこからはもう涼しい!めっちゃ涼しい!のオンパレードです。

でも階段が怖すぎて、へっぴり腰で岩と手すりと順路のフェンス代わりになってるワイヤーを永遠に持ってました・・・

おかげで鍾乳洞の中の写真は1枚もございません!

でも、めちゃくちゃ綺麗でした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

どんな感じか見たい場合は【面不動鍾乳洞 動画】もしくは【面不動鍾乳洞 画像】と検索してくだせえ・・・

まぁ、どう考えても本物を見る方が明らかに感動します。

それだけは!言えます!!(階段にビビりながらも見るのはちゃんと見てた人)

そしてずっと岩を触っていたから分かるんですが、岩もめっちゃ冷たい!あと湿ってる!

これまた気持ちいいですね( *´艸`)

ちなみに天井から水滴が落ちてくるので頭とかにヒヤッとなることがたまにあります。

だいたい1周回るのにゆっくり行って15分ぐらいでした。

後ろの人が追いついてきちゃった場合も、避けることができるぐらいの広いところもあります。

ゆっくりじっくり見たい時は先に行ってもらう方が焦らずに見れますね。

えみりが鍾乳洞に持っていきたいと思ったもの

鍾乳洞に行ったのは初めてではないんですが、今回行ってみて思ったことは手が少々汚れる・・・

わたしが若干潔癖症で手が汚れたりするのが嫌だってだけだと思うんですが、岩とかを触ると当たり前に砂がつくのです(笑)

ウェットティッシュがあればいいな・・・と思いました。

気にしない人はなくてもいいと思いますが、わたしは今回持ってきておけばよかったと思いながら、その後トイレで手を洗いました。

(潔癖症で下り階段ムリとか、なんで行ったんだよ・・・って感じである)

あと靴は絶対!汚れてもいい!スニーカーで!!!

わたしより後ろを歩いていた女性の方で低めのパンプスを履いていた方がいらっしゃったんですが、すごく歩きづらそうでした。

そして鍾乳洞は全面的に濡れているので水たまりももちろんあります。

暗くて足元が見にくいので誤って、水たまりに足を突っ込んでしまってもいいように靴は汚れてもいいものを!

まとめ!と鍾乳洞から出た後の話

いかがだったでしょうか?

面不動鍾乳洞は夏だけでなく、冬も行けるのでわたしは冬だとどれぐらい寒いのかちょっと興味あります。

この時期だと人が割と多く、その中には小さいお子さんもいました。

小さい子ですらスタスタ歩いて行ってるのに、わたしはへっぴり腰かよ!と思ったのは言うまでもありませんね( ・´ー・`)

帰りはモノレールで下ったんですが、めっちゃ急斜面!(笑)

しかも線路が1本しかないから帰るときは、背中から落ちる感じに(笑)

⚠実際には屋根ついてるし8両編成ぐらいあります

これはちょっと楽しい(*’ω’*)

景色もゆっくり見れるし!

今度は上る時もモノレールに乗ろうと思いました。

あなたもぜひ行ってみてくださいな♡