えみりとブログ

子連れで買い物にきていたお母さんの発言が気になった件について

こんにちは!えみり(emiring88810)です。

出かけるとちょっとしたことが気になることってありませんか?

あぁ!あの人店員さんをめっちゃ困らせてる!

とか、

え~!そこでそんなことしちゃっていいの・・・・?

とかね(笑)

わたしはしょっちゅう気になります。

外に出ると無意識に気が散るから、わたしは外出が苦手・・・(笑)

今回はスーパーへ買い物に行った時に見かけた親子のことについて書いていきたいと思います。

スーパーで見かけた親子の話

わたしが買い物をして帰ろうとドアに向かって歩いていたら、一組の親子が入ってくるのが見えました。

5歳ぐらいの女の子と2歳ぐらいの男の子を連れてきていたお母さん。

入り口のところには子供用の買い物かごがあって、お姉ちゃんはそのかごを取ったんです。

そして頭にかぶった!!!

お母さんはうろうろする男の子を制止するのに必死です。

その後、お姉ちゃんがかごをかぶっているのを発見すると割と大きめな声で

おかあさん
おかあさん
やめなさい!恥ずかしい‼

横目で見ていたわたしはそっとドアから退出したのであった・・・

お母さんの発言が気になった

わたしはお母さんの発した

  • やめなさい
  • 恥ずかしい

この言葉がとてもひっかかりました。

まぁ、親子のやりとりとして、よく聞くことのあるワードですよね。

親なら一度は言ったことのあるワードだと思います。

(わたしは親ではありませんが(笑))

ではちょっと詳しく見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

気になった発言その1.やめなさい

お母さんがこの状況でやめなさいと言ったことは分かります。

そりゃ行儀も悪いし、かごが汚れているかもしれないし、よくないことです。

正しい使い方ではありませんよね。(笑)

ただ、やめなさいの一言だと具体的に何がダメなのかは伝わってないんじゃないかな…?とわたしは感じました。

気になった発言その2.恥ずかしい

ごめん。ちょ、ほんまにごめん。

そんな大きな声で叫んでるお母さんが1番恥ずかしいよ!

我が子のお行儀悪いところが周りにも伝わるんじゃなかろうか・・・?

少なくともわたしには伝わりましたよ(ボソッ

恥ずかしいって言っても、そんな外で恥ずかしいと思うような行動をするように育てたのはアンタやと思うんやけど(;´・ω・)

ってなりました。

いいことも悪いことも分かりやすく教える

わたしは親ではありません。

そして、そんな偉そうなことを言えるほどお上品に育ったのかと聞かれても、それもYESとは言い切れません。

でも、いいことも悪いこともちゃんと理由まで教えてもらって育ちました。

わたしの母が教えてくれたことが全て正しいとは思っていません。

状況や見方が変われば意見も変わってきますよね。

ただいけないことを「ダメ!」とだけ言うのと、「これは〇〇だからダメなんだよ」と言うのは違います。

自分で考えることができる年齢なら全部を言わなくてもいいと思いますが、小さい時ほど丁寧に注意をするべきです。

怒られるからしないこれはこういう理由でいけないことだからしないは違いますよね。

そりゃ、あのお母さんは子供二人を連れてきて買い物するということで余裕がなかったのかもしれない!

イラっとしたかもしれん!

それは分からん!

でも怒ったことが子供にちゃんと伝わってたかなと、どうしても思ってしまいました。

わたしが考えることと思うこと

親になったこともない奴が偉そうに!と苦情がきそうですね・・・

怖い怖い・・・( ・´ー・`)

何度も言いますが、わたしは現時点で誰の親でもありません。

そしてもし、わたしが親になった時に同じようなことをしないように出来るのか?と聞かれるとそれも「はい!」とは断言できません。

でもわたしは親ではなくても、子ではあります。

親じゃないからこそ言えることもあると思って今、この記事を書いています(笑)

そしてわたしが親になった時、客観的に見ることが出来なくなったらこの記事を読み返そうと思います!

まぁ結局何が言いたいかって、怒るのと叱るのは違うってことよ!

 

子どもは、小さい頃のことほどよく覚えていたりする。

それがいいことを覚えているのならいいけど、心の引っかかりだから覚えてることもある。

そういう引っかかりって、なかなか取れないもんよ( ;∀;)