カテゴリー
恋愛

一体どういうこと?!結婚して夫婦になるということ。22歳、嫁の出した答えとは

夫婦になるということ

こんにちは!えみり(emiring88810)です。

結婚前、ふと考えたことがありました。

結局今まで3年間同棲してきたけど、結婚して名字が変わって…

 

 

変わって………

 

 

それで?(-_-;)

わたしの中では名字が変わる以外には、特に変化がなさすぎる印象でした。

でもやっぱり結婚したいし、せっかくなんだから夫婦になる、ということに意味を見出そう!!と思っていろいろ調べたんですd(˙꒳​˙* )

今回の記事はこんな人におススメ♡
  • 結婚したすべての男女
  • 同棲カップル
  • 結婚してる意味を考え直したい人

わたしが見つけた答え、夫婦になるということ

オードリー・ヘプバーンが大切にしていた詩に「時を越えた美しさの秘密」というSam Levensonの作品があるんです。

その中の一説にこんな文章があります。

“People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
reclaimed and redeemed and redeemed …
Never throw out anybody.

Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.”

(以下和訳)
“人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に

助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。

ひとつの手は、自分自身を助けるため、

もうひとつの手は他者を助けるために。”

引用:https://matiere.at.webry.info/200803/article_3.html

 

わたしは今まで自分のために何かをする、みたいなことがずっと苦手でした。

自分を大切にする感覚みたいなものが、あまりなくて。

でも結婚したら、わたしは自分を大切にすることも大事なのかな?と思ったんです。

あくまでベースとしてですが女性は守られる、みたいな風潮ってありませんか?

これ、恋愛では守られるのもアリだと思ってるんですが(さんざんこういう計算を使って恋愛してきた人←)、結婚だとまた違う気がしたんです。

自分で自分を守って、旦那に守られるだけじゃなくて時には守り、支えることが出来たらいいなって。

わたしは片方の手で自分を、もう片方の手で旦那を助け、そして守っていく為に使おうと思いました。

夫婦について考えることができたタイミング

これ実は、結婚式のウェディングノートを作る時に「これからどんな家庭を築いていきたいですか?」みたいな質問があって、その質問のおかげで夫婦って…結局なんなんだろうな?って考えることが出来ました♪

 

家庭を築いていくには一人では無理なんです。

いつもパートナーと一緒なんです。

それが笑える時であっても悲しい日であっても。

なんなら、辛い時こと一緒に。

今の時代だからこそ結婚する意味が欲しくて

今はもういろんな結婚や夫婦の在り方がありますよね。

  • 事実婚
  • 週末婚
  • 国際結婚
  • 仮面夫婦
  • 共生婚   etc.

初婚の年齢はだんだんと上がり、なんなら結婚(法律婚)すらしないという選択肢をする人も増えてきています。

言ってしまえば、結婚が絶対じゃなくなってきたわけです。

そんな時代に、わたしたち夫婦は結婚するという道を選びました。

何が正解とかはないけど、せっかく結婚するからには意味のあるものにしたい。

だからこと、夫婦になることに意味を見出してみました。

もしも子供が出来たら

今はまだ子供はいませんが、いつか子供欲しいなって思っています(*’ω’*)

じゃあ、子供が出来たらどうやって愛情を与え、守っていくのか・・

わたしは仲のいい両親を見て育ちました。

(仲のいい両親の記事作成中…しばし待たれよ)

わたしの憧れの夫婦(カップル)は、永遠1位は両親です。

わたしも同じように子供を育てないので、子供はわたしと旦那が築いていく愛情で包み、守っていきたいです。

 

子供を持ったことのない奴の幻想だろって思われたらそこまでなんですけど(;・∀・)笑

それでもわたしは、力を合わせるために一緒になることを決めたし、少なくとも旦那も同じ気持ちだと思っています。

ちなみに、子供を守るのは親の務めだと思うけど、守りすぎるとそれはただの過保護でしかないと思うんですよね。(わたしも少々過保護気味で育ったのでそれは身をもって実感してます。笑)

大切にするあまり、息苦しくなる原因にもなりかねないということです。

愛とは、難しいですね(-_-;)

人間の永遠の課題です。

♡まとめ♡

今は、3組に1組が離婚すると言われています。

一生の誓いは人それぞれです。

わたしは幸せになるために結婚したんじゃないです。

当たり前の日常を二人で過ごしながら、小さな幸せを一緒に見つけていきたいから結婚しました。